布おむつの洗い方

布おむつについて

スポンサードリンク

うんちの回数が多い時期や、母乳で育てられているお子さんの場合はうんちがゆるゆるな事が多いのでおむつにしみ込んで洗うのがなかなか大変です。

ですがおむつライナーを利用すると相当楽に汚れを落とす事ができます。
あとはざっと水洗いして、専用洗剤を溶かしたバケツに一晩つけ置きしてから、軽くしぼり洗濯機で洗います。
洗濯ができあがると干します。

成形おむつの場合は洗濯バサミで留めるだけ、輪形おむつは蛸足に通して干します。
渇きは輪形おむつの方が断然いいです。
乾いたらいつでもすぐ使えるように4つ折りにしておきます。

このような手間があるものの、紙おむつと違ってゴミが出ませんし、繰り返し使えるので買い物の手間がありません。

また、おしっこをした時の濡れた感じがわかりやすいので、おむつの取れるのが早くなると言われています。

スポンサードリンク

布おむつの洗濯

おむつを交換→おむつからうんちやおしっこを洗い流す→おむつを洗う→乾かす→たたむの作業があります。

おむつカバーは汚れていなければ交換のたびに替える必要はありません。

おむつの洗濯は2度洗いした方がシミがつきにくく、すっきり綺麗になって衛生的です。
うんちがまだゆるい頃は、バケツの中で水洗いしてある程度汚れを落としてからバケツにつけ置きします。
つまり手洗い用とつけ置き洗い用の二つが必要です。

専用の洗剤でつけ置き洗いすると簡単に汚れは落ちて本当に楽です。
あとは一日分たまったらざっとしぼり、洗濯機で洗います。うんちが固まってくると手洗いの手間はずいぶん楽になります。
手洗いやつけ置きに使ったバケツのお水はトイレに流します。

やはり洗濯は紙おむつにはない手間ですが、市販のライナーや不要の綿の布をカットしたものをライナー代わりにあてておくとうんち汚れがさっと取れておすすめです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

布おむつの使い方
布おむつも紙おむつとの併用で簡単に使えます。足らなくなれば通販などで買い足せばよいだけですから、気軽に布おむつを使ってみましょう。...
布おむつの選び方
おむつやおむつカバーも色々な種類があります。天然素材のおむつなど用途に合わせて選びましょう。...
トイレトレーニング@進め方
トイレトレーニングはしつけの第一歩です。あせらず温かい目で子どものペースを見守りましょう。...
トイレトレーニングの時期
トイレトレーニングをいつから始めるのかその時期は個人差があるので、専門書などに惑わされずに良く子どもを見て、お子さんのペースにあわせて始めましょう。...
おむつを全く使わない子育て
おむつを使わない子育てはいいのか、よくないのか。...

▲このページのトップへ